« 自己破産に対する人々の意識とは | トップページ | 実家の猫が。 »

私の自己破産

2004年から今に至るまでのオカネの流れ・・・
ちょっとまとめてみました。

こういう生活をすると自己破産に至るんだという一例(苦笑)
そして、自己破産手続きの一例です。


2004年の家庭状況:
私・妻・長男・長女の4人暮らし。
自宅マンション購入(2600万・月々7万+管理費=約10万 ボーナス払い15万)
月収30~40万(残業代による) ボーナス60~70万

moneybag2004年頃
軽い気持ちで借金開始。主に生活費として。

moneybag2005年11月
妻の出産で借金(3人目)

moneybag2007年9月
妻の出産で借金(4人目)
同時期、仕事でホテル暮らし。生活費として借金。
また、車の買い替えでローンを組む。
※このあたりから何かがおかしくなってくる。

moneybag2008年10月
管理職になる。役付手当は出るが、残業代が出なくなる。

moneybag2009年1月
妻の借金発覚。
給料直後に銀行残高が10万しかない。
妻が私の給料を借金の返済に充てていたらしい。

※2009年1月現在での借金:
私・・・キャッシング270万(月々9万)・自宅ローン残2400万
妻・・・キャッシング200万

※この時点での収入:
月収34万(残業代なし) ボーナスなし


moneybag2009年2月
初めて債務整理というものを知る。弁護士に相談。

moneybag2009年3月
弁護士に依頼。
同時期より、生活費はすべて自分で管理。家計簿をつけ始める。

moneybag2009年4月
先々自宅に住めなくなることから、引越しを見据えた活動をする。
長男・長女は私の実家へ(後に実家近くへ引っ越すため、学校が変わらないようにする)。
妻・次女・三女は一緒に暮らす。(ただし妻の実家で過ごすことが多い)
これにより生活費が多少浮くようになった。

moneybag2009年5月
自宅の任意売却手続き開始。
書類作成のため、スーツの男数人が家中の写真を撮影しまくる。ある種の恐怖。

moneybag2009年7月
借家を探し、家賃7万の家へ引越し。木造5LDK。
引越し費用は児童手当や生命保険解約金から捻出。

moneybag2009年8月
車検。費用23万。生命保険解約金などから捻出。

moneybag2009年10月
破産申立て。

moneybag2009年11月
破産宣告の通知を書面にて知る。審尋などは特になし。
同時期、自宅の処分など、破産管財人と打ち合わせ。
この後、すべての郵便物が破産管財人へ転送される。(年賀状も)

moneybag2010年1月13日
債権者集会・免責審尋。
債権者は来なかったため、5分で終わる。
管財人への郵便物転送も解除される。

moneybag2010年1月19日
免責決定通知が郵送される。
自宅は処分できていないが、ローンは債権放棄された。
任意売却手続き継続中。

moneybag2010年2月(予定)
住民票を移す。その他諸々、住所変更など。
次女と三女が保育園に入れるかどうかが決まる。

|

« 自己破産に対する人々の意識とは | トップページ | 実家の猫が。 »

★債務整理」カテゴリの記事

コメント

http://sunt.biz/
借金地獄の日々もあとわずか。

投稿: 借金地獄 | 2013/03/28 13:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自己破産に対する人々の意識とは | トップページ | 実家の猫が。 »